スズキ ソリオ

ソリオ

ソリオほど今までいろいろな名前を持たされた車はないでしょう。

 

最初は軽自動車のワゴンRの登録車モデルとして作られ、ワゴンRワイドと呼ばれ、初めてのモデルチェンジによってワゴンR+と呼ばれました。

 

その後同じモデル内でワゴンRソリオとなり、最終的にソリオとなったという経歴を持っているのです。通年で3回の改名、1モデル内で2回の改名を行うのは非常に珍しいことです。

 

さてこのソリオも2015年のフルモデルチェンジで4代目となりました。今回のフルモデルチェンジの目玉となるのがハイブリッド化されたことです。

 

ただハイブリッド化されたといってもプリウスやフィットのように電気モーターだけで走ることができるというものではなく、電気モーターはあくまでもパワーアシストにとどまるといったいわゆる簡易型ハイブリッドとかマイルドハイブリッドなどといわれるものです。

 

そしてこのハイブリッドシステムはスズキの軽自動車に搭載されているS-エネチャージと全く同じもので、あくまでもオルタネーター制御の延長線上にあるものといっていいでしょう。

 

アシストも走行時に負担がかかった時だけ行われるのでこれがついているからといって30km/Lも40km/Lも発揮することはできず先代モデルと比べてもわずか7.2km/L程度しか燃費性能は向上していません。

 

それでもガソリン消費が多いよりは少ない方がいいということで、この登録車用S-エネチャージが搭載されるようになったというわけです。