エブリイ

エブリイ

スズキのエブリィはわずかに現存する軽ワンボックスワゴンの中の1台です。わずかといってもこのエブリィとダイハツのアトレーワゴンだけですが・・・。

 

エブリィは2015年にフルモデルチェンジを行いリニューアルし、燃費性能も装備面もかなりいいものとなりました。

 

ただデザイン的に商用モデルのキャリィとの兼ね合いもあるため、ワゴンモデルとして派手にすることができず、よくある軽ワンボックスワゴンらしいスタイルになってしまっていますが、装備はやはり新しく、自動ブレーキシステムとなるレーダーブレーキサポートまで持つことになりました。

 

この辺がライバルであるアトレーワゴンより秀でている部分であって、今後ダイハツがどういったモデルを作って来るか非常に見ものです。

 

この車が優れているものであるとことを証明する事実もあります。それがOEM車の多さです。

 

エブリィは日産、三菱、マツダと軽自動車の自社開発を行っていない複数の自動車メーカーにOEM供給されており、日産ではNV100クリッパーシリーズとして、三菱ではタウンボックス、マツダではスクラムシリーズとして販売されています。

 

おおもとのエブリィシリーズと合わせるとなんと4つのモデルが名前を変えて販売されているということです。さすがにできの悪い車であればここまでたくさんの自動車メーカーで売られることもないかと思います。