スズキ エスクード

エスクード

エスクードはスズキの中型SUVとして作り続けられてきた歴史の長いモデルで現行モデルは2015年に発売されたものです。

 

エンジン排気量を小さくし燃費がよくなり、ALLGRIPという新しい電子制御式のフルタイム4WDシステムを得て悪路走破性は向上したのですが、それと引き換えというわけではありませんが車の本質を覆すような変更も行われてしまったのが非常に残念でなりません。

 

エスクードは初代モデルからSUVとして作られてきました。

 

そのためフレームは丈夫なラダーフレームやラダーフレームとモノコックボディを一つにしたビルトインラダーフレームというものを採用し続けてきました。

 

それによってクロスカントリー4WD並の丈夫なフレームを持つことができ、それによっても悪路走破性を高めていたのですが、今回の新しいモデルから完全にモノコックボディとなってしまい、SUVからクロスオーバーSUVに格下げとなってしまいました。

 

それに驚くのが格下モデルとなるSX4 Sクロスと共通のプラットフォームを持つということで中型モデルから小型モデルとなってしまい、SX4 Sクロスとはデザイン違いの兄弟車になってしまったのです。

 

SUVではなくクロスオーバーSUV、中型モデルから小型モデルへ、といったような車の質を決める部分が大きく変更されてしまったのです。

 

ここまで大きく変わってしまってはもはやエスクードとは思えず、今までもエスクードとは別の車として見るべきかもしれません。